博多の一般的な焼とり屋では、なにも注文しなくても、まず最初に「酢のたれがかかったキャベツ」が皿に盛られて出てきます。
このキャベツの上に焼きあがった焼とりをのせていきます

博多には本来の意味では「焼とり屋」が存在しないかもしれません。
「焼とり」と「串焼き」の違いが基本的には無く、鶏、牛、豚、野菜、魚介類など串に刺せるものであれば、何でも「焼とり」になってしまいます。人気の定番には「豚バラ」「カルビ」「豚足」などがあります。

博多っ子が「焼とり」といえば「とり皮」「豚バラ」です。
そしてキャベツの酢ダレを「焼とり」につけて食します。
博多っ子が東京に来て一番驚くのは、醤油ラーメンや黒いだしのうどんではなく「焼とり屋」に「豚バラ」が無いことなのです。
そして鶏肉しかない「焼とり屋」に愕然とし。「キャベツもないのか」と、更に落ち込んでしまうものです。